巾着袋 無料型紙&作り方 マチありタイプA

完成サイズ:タテ15 ヨコ13 マチ4

マチ付きの巾着袋の作り方になります。マチの形にはいろいろなタイプがありますが、一番オーソドックスなこちらの形をタイプAとさせていただきました。角を三角に折ってマチ幅を縫うタイプの作り方となります。裏地付きの両ひもタイプです。

こちらは柄の向きに上下がない布を使う場合を想定したものです。柄に向きのある布を使う場合は裁断方法と縫い方が異なるため下記をご参照下さい。

巾着袋 無料型紙&作り方 マチありタイプA 柄に向きあり
マチ付きの巾着袋の無料型紙&作り方です。マチの形にはいろんなタイプがありますがこちらは角を三角に折ってマチ幅を縫うタイプの作り方になります。こちらは柄の向きに上下がある場合を想定したものです。

無料型紙についてはサイズ展開をしていく予定です。早くご提供できるよう努めます。それでは作り方へどうぞ。

無料型紙はこちらへ

作り方① 裁断の時点でマチ部分をカットしておく

作り方①はマチの余分な部分を裁断の段階で事前にカットしておく方法です。

ステップ1:材料を準備する
  • 材料を準備します。

    表布:タテ36cm ヨコ19cm 1枚
    内布:タテ36cm ヨコ19cm 1枚
    ひも:45cm〜50cm 2本

  • マチ部分は型紙どおりに裁断します。

 <材料情報>
 表生地:あんパン MUDDY WORKS by Tomotake
 内生地:日暮里トマト(生成り)
 ひも :セリア(しっかりとした毛糸を使用)

ステップ2:表布と内布を縫い合わせる
  • 表布と内布を中おもてで合わせます。
  • 画像の赤点線部分を縫います。(縫い代1cm)
  • 縫い終わったら縫い代を割ります。
ステップ3:表布同士、内布同士を縫う
  • 表布同士、内布同士を合わせます。
  • 画像の赤点線部分を縫います。(縫い代1cm)
  • ひも通し口と返し口は縫わずにあけておきます。(ひも通し口2cm、返し口6cm)
  • 縫い代を割ります。
ステップ4:マチを縫う
  • 表布、内布それぞれ角を三角に畳みます。
  • 三角に畳んだら表布と内布を重ねます。
  • マチの部分が4cmになるように測って印を付けておきます。(赤点線部分)
  • 印をつけたらミシンで縫います。
  • マチ部分を縫った状態です。わかりずらい画像ですみません。
  • 反対側も同じように縫います。
ステップ5:返し口から表に返す
  • 返し口から布を表に返します。
  • 表に返すと内布と表布のマチ部分がくっついているため画像のような状態になります。
  • 表布側がおもてになるように返します。
  • マチの部分はこんな感じに仕上がります。
ステップ6:袋口を縫う
  • 縫う前に袋口をアイロンで整えておきます。
  • 袋口を1週ぐるっと縫います。(端から2cm)
  • 1週縫った状態です。わかりずらい画像ですみません。
ステップ7:返し口を閉じる
  • 返し口を手縫いで閉じます。(ミシンでも可)
  • コの字縫いで閉じた状態です。
ステップ8:ひもを通して完成
  • ひも通し口からひもを通します。
  • 完成です。

作り方② マチ幅を縫ってから余分な生地をカットする

作り方②はマチ幅を縫ってから余分な生地をカットする方法です。作り方①と異なるステップのみ記載しております。

ステップ1:材料を準備する
  • 材料を準備します。

    表布:タテ36cm ヨコ19cm 1枚
    内布:タテ36cm ヨコ19cm 1枚
    ひも:45cm〜50cm 2本

  • マチ部分はカットせずに残しておきます。

 <材料情報>
 表生地:あんパン MUDDY WORKS by Tomotake
 内生地:日暮里トマト(生成り)
 ひも :セリア(しっかりとした毛糸を使用)

ステップ4:マチを縫う
  • 表布、内布それぞれ角を三角に畳みます。
  • 三角に畳んだら表布と内布を重ねます。
  • マチの部分が4cmになるよう測って印を付けておきます。(赤点線部分)
  • 印をつけたらミシンで縫います。
  • 縫った後余分な部分をカットします。(赤線部分)
  • カットした後の状態です。
  • 反対側も同じように縫います。

無料型紙PDFファイル

タイトルとURLをコピーしました